空手講座

img_0img_0

①初心者、小学1年生からでもわかりやすく親切指導。
②3~5年で黒帯を取得することが出来ます。
③礼節を重んじ、正しい姿勢でお行儀が良くなります。
④護身術になり、肩こりやダイエット効果もあります。

詳しくはこちら

パソコンレッスン

AL204kusukusu320140830152421_TP_V4AL204kusukusu320140830152421_TP_V4

Office活用、SNS活用、、写真・動画活用、ネットワーク活用、Q&A方式のマンツーマンレッスンなど
オンライン授業や出張授業にも対応

詳しくはこちら

免疫力向上サポート

shiosio_kasdfjk_TP_V4shiosio_kasdfjk_TP_V4

道場主がガン(癌)の告知をうけ、免疫力向上の勉強をした。毎日図書館に通い、また免疫力の賢威と言われる偉い先生に学び、自分の体で免疫力向上の実験を繰り返す。その結果、ガン(癌)が完全に完治する。その独自の方法や経験をもとに、癌(がん)患者や免疫力を付けたい人を患者目線でサポートします。

詳しくはこちら

その他

3メガピクセル

[vkExUnit_ad area=before]

メガピクセル

別名:100万画素
【英】mega-pixel
 
メガピクセルとは、「100万ピクセル」という意味であるが、デジタル画像の情報の最小単位である画素ピクセル)が、1枚の画像につき100万個以上使用されているということである。または、そのような画像が撮影可能な、100万個の撮像素子を搭載したカメラの性能を表す表現である。
 
デジタルカメラの性能指標の一つとして、撮影可能な画像の画素数がある。画素数が多ければ多いほど、解像度の高い写真を撮影することができる。デジタルカメラが実用化されて以来、撮影可能な画素数は急速に増していったが、100万画素を突破した際に、100万を意味する接頭辞の「メガ」を用いたメガピクセルという表現で形容され、一般的に普及した。例えば、「メガピクセル級カメラ」といった表現が、高画質のデジタルカメラを指す言葉として用いられていた。
 
メガピクセルは、当初はハイスペックと同義であったが、程なくしてメガピクセル級のデジタルカメラが普及しはじめ、後には、300万画素の撮像素子を搭載したデジタルカメラを「3メガピクセル」と呼ぶなど、単に解像度や機種の性能を表す表現の一つとして用いられるようになっていった。
 
2000年代中盤になると、デジタルカメラのほとんどが100万画素以上の撮像素子を搭載するようになり、カメラ付き携帯電話メガピクセルを実現した、通称「メガピクセルケータイ」も数多く登場している。2006年には、1000万画素を搭載したコンパクトデジタルカメラも登場している。

Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]